サブカルチャー

佐々木俊尚流「ホウレンソウのおひたし」を作ってみたら本当にごちそうだった

写真 2014-05-25 20 44 24

最近読んだ佐々木俊尚さんの「家めしこそ、最高のごちそうである。」にあった「ホウレンソウのおひたし」が簡単で美味しそうだったので、実際に作ってみました。

1,ホウレンソウを水に浸す

写真 2014-05-25 20 47 40

ボウルに新しい水道水を入れたら、ホウレンソウを生け花みたいに活けておきます。最低十分ぐらいでしょうか。時間が経つと、ぐったりしていた葉っぱがぱりっと広がり、緑が瑞々しくなっていくのが分かります。
「家めしこそ、最高のごちそうである。」

10分水につけてみたら…

写真 2014-05-25 20 48 14

パリパリやー!
ほんとに瑞々しくなってて、茎もがっしりした気がします。

2,一束ずつサッと茹でる

写真 2014-05-25 20 46 51

一株ずつ入れて行くことで、お湯の温度が下がらないですむんです。熱いお湯で一気にゆで、一気に冷水で締めることによって、ホウレンソウからヌルヌルやキシキシが出てこない。ピシッと引き締まったおひたしになるんです。
「家めしこそ、最高のごちそうである。」

3,冷水にすかさずIN!

写真 2014-05-25 20 46 16

ぴしぴしっと引き締まりました。

4,ぎゅーっとしぼって切る

写真 2014-05-25 20 45 38

濡れそぼったホウレンソウちゃんをぎゅぎゅっと。

写真 2014-05-25 20 45 08

5㎝ほどに切っていきます。

5,醤油ひと回し、鰹節ふわり

ホウレンソウをボウルに戻し、醤油をひと回し。手でざっくり混ぜ合わせます。
お皿に盛りつけて、鰹節をさらさらかけたら出来上がり!

写真 2014-05-25 20 44 24

実食

びっくりするほどシャッキシャキです。
ちょっと手間を加えただけでめちゃくちゃ新鮮味が増しました。
しみじみ美味いです。

いままでベチョベチョのおひたしを作って「うまー」とか言っててごめんなさい…ホウレンソウのポテンシャルを引き出してあげなくてごめんなさい…。

ほかにも挑戦したいレシピがたくさん。
本の感想【佐々木俊尚「家めしこそ、最高のごちそうである」私「完全に同意」】もあります。


簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。

この記事のPVや広告収入は佐々木俊尚さんのホウレンソウ記事がバズったので、広告収入で飲みにいきますでまとめました。
家めし最高すなー。