えっちなはなし

もうすぐ閉館!?ディズニーランドに行ったつもりで「鬼怒川秘宝殿」に行こう

写真 2014-09-14 15 00 35

年々秘宝館が閉館してますが、ついに鬼怒川秘宝殿まで…。

「秘宝館」が絶滅の危機に立たされている。全盛期は全国の温泉などに20館以上存在していたが、2014年3月末で佐賀県嬉野市の「嬉野武雄観光秘宝館」が閉館し、そして、栃木県日光市の「鬼怒川秘宝殿」が2014年夏までに閉館する予定だ。これで秘宝館は静岡県の「熱海秘宝館」のみになってしまう。
男女の営みユーモラスに展示する「秘宝館」が絶滅の危機

というわけで、別れを告げに栃木県鬼怒川に行ってまいりました。

お出迎えは吉永小百合似の…

最寄駅の龍王峡から歩いて3分程度、その建物はあります。
「見る 知る 遊ぶ マル秘 ワクワク大発見!」
というイマイチ全容が分からない看板が剥げかけていて、哀愁が漂っています。

鬼怒川秘宝殿の外観

中に入るとすぐ、吉永小百合似の美人:お竜さんがお出迎え。
片乳があらわになっているのがチャームポイントです。
もちろんパンツは履いていません。

吉永小百合似の人形

受付前には巨大な男根が祀られています。

写真 2014-09-14 15 01 14

入館料は1,000円
ディズニーランドに来たと思えば格安です。

奥に進むほど暗さを増すファンタジー空間

さっそく奥に進むと、おかめと天狗の仲睦まじい姿が見えます。
こういうペットが欲しいですね。

おかめと天狗

そして秘宝館定番の性器コーナー。
フルコースで言えば前菜にあたります。

男根

性器コーナーを過ぎて次の部屋に進むと、急に暗くなります。
そして人影を察知して突然始まる映像。

秘宝殿の映像

男女がなんやかんやしてるのですが、いかんせんお化け屋敷のような怖さがあり、ストーリーを把握するまえに足早に通りすぎてしまいました。

人気キャラ:エロ和尚の道鏡

鬼怒川秘宝殿の公式twitterでもプッシュされている人気キャラクターの登場。

道鏡

真面目にお経を唱えているかのようですが、背後には男女の影。
修行中についつい妄想をしてエレクトしてしまうお茶目なお坊さんです。

珍ボックリトリス

男根型に象られた松ぼっくりの塊には、「珍ボックリトリス」というメモが。
思いついて書いちゃった感じが好感を持てますね。

美女をはべらす豊臣秀吉

美女4人をはべらかした豪華なコーナー。
当時の最盛を表現してるんだそうな。

豊臣秀吉

右下にいる女性だけ秀吉に触れられていないので要チェックです。

男女の情事をのぞき見する町娘

人形たちにストーリーがあるのが鬼怒川秘宝殿の魅力。

温泉で営んでいる男女を見ながら、町娘が手遊びをする図がこちら。

のぞき見する町娘

町娘のアップ。わお。

町娘のアップ

ここで紹介している人形は一部です。
他にも人情味溢れるストーリーがあるので、詳しくはぜひ鬼怒川秘宝殿で!

性欲を科学するラブサイエンス

人形コーナーが終わると唐突に始まるラブサイエンスコーナー。
「ラブサイエンスって…何?」そう思ったら負けです。

写真 2014-09-14 15 25 24

何故か人の顔。
「なんで?」って思ったら負けです。

写真 2014-09-14 15 26 18

男女の性感変化の図。
行為時の身体の変化が細かく書いてあります。
ここが一番サイエンスっぽいとこ。

写真 2014-09-14 15 25 54

あとはお決まりの四十八手の一覧があったりします。

まだまだあるよ、謎の展示

ラブサイエンスのコーナーが締めっぽいですが、まだ展示は続きます。

お触り自由のタッチドール。
締めのラーメンのあとに角煮が出てきた、みたいな。

写真 2014-09-14 15 27 54

嬉々として乳首をいじる友人。

もちろんピンク映画を観れるコーナーもあります。
何故かどこの秘宝館でも映画コーナーは出口付近にありますね。後戯的な位置づけなのでしょうか。

写真 2014-09-14 15 28 34

そしてフィナーレはマリリンモンロー。
セックスシンボルであるとともに、鬼怒川秘宝殿のシンボルでもあります。

写真 2014-09-14 15 31 06

お土産を買って現実に帰ろう

そして最後はお土産コーナー。

驚くべきことに誰もいません。
欲しいモノがあれば、呼び鈴で呼び出すスタイルです。

写真 2014-09-14 15 35 31

正直なにかパクってもバレなさそうなのですが、盗みはダメ絶対。

写真 2014-09-14 15 36 55

最後のトイレが秀逸すぎる

あー終わったー、と一息ついてトイレに行ったその時。
安心した隙を突く、この張り紙。

写真 2014-09-14 15 37 57

「こぼすな たらすな あわび汁」

写真 2014-09-14 15 39 51

おうちに帰るまでが秘宝館です。
この言葉を胸に、おうちまで帰りましょう。

ちなみに鬼怒川秘宝殿はいつまで営業してるのか聞いたところ、
「機械が動くまで」という心強い返答を得られました。
機械が止まるのは明日かもしれないし、10年後かもしれない。
いずれにせよ早めに訪れることをおすすめいたします。