言いたくなった

椎名林檎の歌詞が注文多すぎなので、一曲でどんだけ要求してるか数えてみた

べんじー

中べんじー

今までどうにも椎名林檎を好きになれなかったんですが、友達が椎名林檎の「本能」をカラオケで歌ってるのを見て、謎が解けました。

いちいち注文が多すぎるのです。
とにかく「~~して」系の言い回しが多発しています。
女の子のワガママは時として可愛いものですが、それにしても多すぎやしないか、と。項目多くね?と。

椎名林檎の注文数を数えてみる

「本能」という一曲をとってみても、これだけの要求をしています。

椎名林檎からの注文

  • 果たされないことが大嫌いなので約束はしないこと
  • ずっと繋がれて居ること
  • 気紛れを許すこと
  • 今更なんて思わずに急かすこと
  • もっと中迄入ること
  • あたしの衝動を突き動かすこと
  • 劣等感カテゴライズ、そういうのを忘れること
  • 果たされないことが大嫌いなので約束はしないこと(二回目)
  • ずっと繋がれて居ること(二回目)
  • 気紛れを許すこと(二回目)
  • 今更なんて思わずに急かすこと(二回目)
  • もっと中迄入ること(二回目)
  • あたしの衝動を突き動かすこと(二回目)

一部、二回繰り返されている注文がありますが、それは大事なことだからです。
椎名林檎と付き合うなら上記の注文すべてに応えた上で、ピザ屋を経て僧に成って結婚し、さらにあなたがベンジーならグレッチで殴らなければなりません。
想像するだけで人生ハードモードです。

Coccoの注文数を数えてみる

対して、Coccoは注文を押し付けるのではなく、相手を優しく諭します。
例えば、代表曲の「強く儚い者たち」。

http://youtu.be/7C0xCroX6kE

Coccoからの注文&メッセージ

  • この港はいい所です
  • 朝陽がきれいだし住みつく人もいます
  • ゆっくり休みなさい(注文①)
  • 愛する人の未来など遠い目のまま言わないでください(注文②)
  • 私の部屋にいらっしゃい(注文③)
  • 甘いお菓子をあげます
  • 抱いてあげます
  • 飛魚のアーチをくぐって宝島に着いた頃、あなたのお姫様は誰かと腰を振っています
  • 飛魚のアーチをくぐって宝島に着いた頃、あなたのお姫様は誰かと腰を振っています(二回目)

驚くべきことに一曲の中に3回しか、相手に対する注文が見受けられませんでした。
その他は甘いお菓子をあげたり抱いてあげたりなど、むしろ奉仕の意思が感じられますし、神視点で恋人の浮気まで示唆しています。
遠い目をせず、「私」の部屋でゆっくり休んでいれば色々ケアしてもらえそうなので、椎名林檎に比べればかなりイージーな印象ですね。


焼け野が原

同じCoccoでも「焼け野が原」はわりと注文度が高めですが、

  • 私に聞こえるようにちゃんと大きな声で言うこと
  • この体に残るような強い力で、もう泣かないでいいようにちゃんと抱くこと

という、上記2点に集約できるので人として「ちゃんと」していれば、概ねクリアできるでしょう。

Charaの注文数を数えてみる

そしてCharaです。
女のめんどくささが凝縮されたような歌詞が魅力のChara。
かなり恋人依存度が高めな雰囲気ですが、注文ぶりはどうでしょうか。

曲は、浅野忠信氏とのラブラブっぷりが今となっては胸に痛いPVの「タイムマシーン」。
(わたしが好きだったあの頃の浅野忠信はもうこの世にいない認識です)
(「趣味はChara」って言ってたの本当に好きだった…)

Charaからの注文

  • 今以上、人をキライにさせないで下さい

なんということでしょう。
「タイムマシーン」で歌われた注文はこれだけでした。おい、浅野!

ぜひCharaにはTHE NOVEMBERSと幸せになってもらいたいと思います。

最後は大御所の注文を…

ということで、やはり女性は相手に対する注文や要求が多いものですが、実は男性側でも注文の多い歌詞があります。
その代表的なものがこちら。

CHAGE&ASKA「SAY YES」

注文はタイトルからすでに始まっています。
「ハイと言え」と。「SAY YES」と。
もはや注文ではなく命令です。

大事なことだから、何度も繰り返される「SAY YES」。余計な物などありません。
ある意味、椎名林檎を超える注文度ですが、要求は実にシンプル。

Say,”Yes”…