WEBのはなし

「編集者は必ずブログをやるべき!」重版率8割のベテラン編集者が語るブログ術

2014-05-14 21 12 57
2014-05-14 21 12 57

イケダハヤト著『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか』や荻上チキ著『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか?』などを編集し、重版率8割を誇るベテラン編集者:乙丸益伸さんがこう語っています。

「編集者は必ずブログをやるべき」

2014年4月30日にイケダハヤトさんと乙丸さんが主催のブログ塾「ブロ部」がスタート。
その日から、毎日ブログ更新を始められた乙丸さん。

毎日仕事をしながらブログの更新を続けるのは至難の技ですが、そんな生活を楽しんでらっしゃるそうです。

ブログって相当練習媒体として優れていて、本は滑れないんですね。タイトルを滑ったときに作り替えられるわけでもなく。ブログの記事を作るのは、本文の小見出しをつくるんですよ、紙の本って。その練習にいいなという感じですね。

ブログが練習!

ネタの探し方は本と一緒だと思いますね。ずっと何か考えていて、思いつくたびに形態にメモを取っていて。それが別に売れなくてもいいのがブログで、すべったら困るのが本という感じです。だから毎秒練習しているような感じです。編集者の人はやるべきですね。

タイトルの付け方とかも、ぼくむっちゃ長いじゃあないですか。狙っているわけじゃなくて、長くしかできないんです。この三週間でも短くできるようになってきて。良い練習になっていると思います。

確かに乙丸さんのタイトルは短くなって…いる……?

いざなぎ超えって言われた前回の景気回復時に「日本ではいくら景気が回復しても賃金は上がらない」とか言ってた人誰よ?(2014/5/7)

爆笑した!田端信太郎 (@tabbata)さんの白ジャケット姿にあこがれて「白ジャケット 汚れる」で検索したら、面白すぎる意見を見つけた件w(2014/5/12)

北条かや(@kaya8823)さんのスタバ離職率5%の話を見て、サラリーマンカーストの存在に気づいた件(2014/5/14)

twitterで本人にメンションが飛ぶよう、アカウント名を入れるテクはさすがですね!

「ブログを始めたら人生が楽しくなった」

ブログ始めてから、全部がネタにできて。高知行っても、ラーメン食べても、ネタになる!って思うようになりましたね。
人生が楽しくなりました。

だいぶ壮大な話になってましたが、同感です!
ブログを書くのって仕事をするのにも役立つし、日常のネタを発散する場にもなりますね。つらいことがあってもネタにしようと思えます。

改めてブログって本当に良いもんですね、と。
そう思わせてくれて、ありがとうございました!